独学でバドミントン

未経験者、初心者へバドミントンの面白さ、技術、情報を伝えて、バドミントの楽しさを広めるブログ

【体験談】バドミントン目が悪いと生じるデメリット

突然ですが、ぼくは目が悪いです、小学生のときは身体測定での検査では両目とも2.0あったのでが、中学生後半あたりから視力が低下していきました。

 

現在では両目とも視力が0.1を下回っているひどい状態です。

 

視力が0.1を下回っていると日常生活に少し支障が出てきます。

 

例えば、知り合いが前から歩いてきても顔がよく見えないため近くに来るまで気づくことができなかったり、電光掲示板の文字が見えなかったり、車も運転できなくなります。

 

そこで、今日はバドミントンをするときに目が悪いと起こるデメリットを自分の経験を元に紹介したいと思います。

 

 

相手のラケットの面が向いてる向きがわからない

 

バドミントンはラケットの向きによってショットのコースをコントロールします。

 

そのため相手のラケットの向きがわかれば相手の打ったショットがどこに飛んでいくかわかります。

 

しかし目が悪いと、相手がコート奥からドロップやクリア、特にスマッシュを打つ際のラケット面の向きがわかりません。

 

そのため相手がショットを打ってから、ショットのコースに反応するのが少し遅れてしまい、ミスしてしまったり、シャトルに追いつけないときもあります。

 

シャトルがぼやける

 

シャトルのぼやけ方には二通りあります。

 

一つは単純に視力が悪くコート奥のシャトルがぼやけて見えにくくなる。

 

これはシャトルが自分に近づけば近づくほど、シャトルは見えやすくなり、自分がシャトルを打てるぐらいの距離になればハッキリとみえます。

 

これはあくまでぼくの目の話なので、もっと目が悪いと自分の近くに飛んできたシャトルでさえぼやけて見えると思います。

 

二つ目は飛んでくるシャトルにピントが合わない。

 

一つ目のぼやけ方に似ていますが、これは焦点順応性の低下により自分に飛んでくるシャトルもしくは遠ざかっていくシャトルに対してピントが合わない症状です。

 

静止している物体をハッキリと見ることはできますが、近づいたり離れていく物体を捉えることができません。

 

他にも原因はありますが、結局シャトルがぼやけることによってどんなデメリットが発生するのかというと。

 

シャトルをラケットの中心に当てにくくなることです。

 

シャトルがぼやけてしまうと、シャトルが正確にどの位置にあるのかを把握することができず、それにより小さなずれが生じ、スイートスポットにシャトルを当てて打つことが難しくなります。

 

スイートスポットにシャトルが当たらないと、ロブが高く奥に飛ばなかったり、スマッシュやドライブで鋭い球を打つことができません。

 

コートのラインが2重に見える

 

自分がプレーしているときにシャトルがアウトかどうかの判断が難しくなります。

 

自分たちでアウトかどうかを判断するフリーの試合ならまだ大丈夫ですが、大会などの試合で線審を任されたときに、目が悪いとコートの奥の方のシャトルがアウトかどうかの判断がとても難しいです。

 

線審はとても重要な仕事なので、目が悪い方は他の誰かに変わってもらうか、眼鏡またはコンタクトレンズを付けて、ラインがしっかりと見える状態にしましょう。

 

まとめ

 

他にもサーブを決めるときのじゃんけんで相手の出した手がわからないなど些細なこともありますが、今回はぼくが重要かなと思った事例をあげました。

 

バドミントンは目が悪くても動体視力でどうにかなると思っていましたが、いざ眼鏡やコンタクトレンズを付けてプレーしてみると今までぼやけていた世界がクリアに見えてプレーに切れが増した気がしました。

 

もし視力が悪い状態でかつ裸眼でバドミントンをやっている方がいたら早急に眼鏡またはコンタクトレンズをつくることをおすすめします。

【中級者】ヘアピンのコントロールを向上させるコツ

ヘアピンはドライブやスマッシュなどの他のショットに比べてとても繊細なショットです。

 

そしてヘアピンはラリーの中で勝敗をわけるショットの一つといっても過言ではりません。

 

ヘアピンはあたりが弱すぎるとネットにかかってしまい、逆にあたりが強すぎると浮いて相手に叩かれてしまうなどヘアピンはコントロールが命のショットです。

 

そこで今回はヘアピンのコントロールが上達するコツを解説したいと思います。

 

 

ネット前の入り方

ヘアピンに限らず、ネット際からロブを上げる際、ショットの安定性を高めるために、ラケットの打球面を安定させる必要があります。

 

ネット前に入るとき利き腕と同じ側の足を一歩踏み出してヘアピンを打ちます。

 

右利きの人の場合、左足を前に出してヘアピンを打とうとすると、右肩が後ろになります。

 

その分だけラケットを前に出すことができなくなり、必要以上に歩幅を広げるか、歩数を稼がなければいけなくなるからです。

 

ヘアピンを打つ際、膝を曲げずに直立した状態でネット前に入ると、自分の位置とネットとの距離が変化するとその都度打球面の角度を変化させなければいけないので、ショットが不安定になります。

 

逆に膝を曲げて、重心を落としてネット前に入ることによって、下半身が安定して打球面の角度がそのつど同じになりショットが安定します。

 

打点の高低やネットからの距離の違いによる飛距離の調整は、シャトルを打つインパクト後のフォロースルーで行う。

 

打点

シャトルはできるだけ高い位置で打つように心がける。

 

シャトルの落下とともに打点を下げると、コントロールが難しくなりミスになりやすくなります。

 

他にも打点が低い守備的なショットを打たざるをえなくなるので、ラリーの中で攻撃に転じる機会が少なくなってしまいます。

 

打点を高くすると、打点が低いときに比べシャトルの滞空時間が短くなり相手にプレッシャーを与えることができます。

 

他にも高い打点で打てると、そこから低い打点で打つこともできます(フェイントで相手をだますときは高い打点の方がフォームに余裕ができ相手をだましやすくなる)。

 

フォロースルー

ヘアピンを打つ際にシャトルを打ち終わった後のフォロースルーでラケットをネットの白線までゆっくりと持っていく用に打つとコントロールが向上します。

 

ネットの上数センチを狙う

ヘアピンを打つとシャトルにさまざまな角度の回転がかかるため、ネットの白線ギリギリに打つと、シャトルがネットにかかる可能性がある。

 

そのためヘアピンにあまり自信がない人は、ネットの白線数センチ上を狙ってヘアピンを打つと決まりやすいです。

 

足の着地

コートの後ろからネット前に移動してヘアピンを打つ場合、右足を少しでも速く床に着地してからラケットを振り始めなければならない。

 

その理由として、ヘアピンは下半身が安定した状態で打つことによって安定性が高まるので右足は素早くかかとから着地することを心がけましょう。

 

まとめ

ヘアピンを打つ際にコントロールを高めるために気をつけなければいけないこと。

 

①ネット前に膝を曲げてラケットを持ってる手と同じ側の足を出す。

 

②高い打点でシャトルととる。

 

③フォロースルーをネットの白線までゆっくりと持っていく。

 

④ヘアピンに自信がなければネットの白線数センチ上を狙う。

 

⑤足の着地を素早く行い、下半身を安定させる。

【中級者】バドミントンにおけるスピードとは

バドミントンにおいてスピードはとても重要である。

 

スピードと聞くと、素早いフットワークでコート内を速く動くことを連想するかもしれません。

 

しかし、ただ単に速く動くにしても、さまざまな種類のシャトルのフライトに対応でき、からだのバランスも保たれており、動作の立ち直りが速いなど速く動くにも細かく分類することができます。

 

これらのことはただ単に速く動くトレーニングを行えば良いというものではありません。

 

コート内の移動スピードを上げるためには、それを構成するいくつかの要因を総合的にトレーニングする必要があります。

 

そこで今回はコート内の移動スピードを構成する要因を解説していきたいと思います!


[:contents]

反応の速さ

 

判断の速さ : 相手のプレーやコース、打球を読むこと。

神経系の速さ : 神経伝達の時間(相手の動きやシャトルへの対応動作の指令が脳から筋肉までに到達する時間)・筋収縮時間(脳から指令を受けてから筋肉が動くまでの時間)の速さ。

 

動き始めの速さ

相手の打ったシャトルに対して素早く反応するためには、重心を速く崩して、慣性を破らなければならない。

 

そのためには相手がショットを打つのにタイミングを合わせて小さいステップをして、その反動を利用して動き出すことが大切です。

 

移動の速さ

コートの隅から隅まで速く移動することが最も重要なスピードの要因です。

 

そのためには効率の良いフットワーク、ステップの速さが鍵になります。

 

特にシングルスでは1コートを一人で守らなければいけないので、移動の速さが試合の展開を有利に進めて行くには必要不可欠な要素です。

 

ステップと方向転換の速さ

シャトルに向かって移動し、正確にシャトルを打つためには、移動してきた勢いをしっかりと下半身で受け止め、安定した姿勢を作らなければいけません。

 

さらに、シャトルを打った後は元の位置に戻らなければいけないため、下半身や体幹の強さが要求される。

 

スピードに対しての慣れ

正確なフットワークの練習や試合の中でのラリーの中でバドミントン的なスピードを体に身につけさせることが必要である。

 

まとめ

バドミントンにおける速さを上げていくためには、今回紹介した要因をそれぞれ鍛えることによって全体的に向上していきます。

 

鍛え方は日々の練習によるものや筋力トレーニング、相手の動きの観察やそこから思考することによって判断の速さを高めたりなどさまざまです。

 

レーニングによってバドミントンの速さを上達させていきましょう!

【初心者】レシーブやドライブのスイングスピードを上げる簡単なテクニック

バドミントンではラケットのスイングスピードが速くなるほど、速い球を打つことができます。

 

スイングスピードを上げる方法は、腕の筋力をつけたり、腕の正しい使い方を覚えたり、ショットの正しい打ち方を覚えるなど複数存在します。

 

今日はレシーブドライブのスイングスピードを速くするために、ラケットを使ったテクニックを紹介したいと思います。

 

 

初期力

 

今回解説するのは初期力です。

 

初期力とは、例えば上に高くジャンプするために一度下にしゃがんでから、その反動を利用してジャンプすることです。

 

下にしゃがみ込む動作を行わなければ、ジャンプ力は減少します。

 

このように力を発揮しようとする反対方向へ力を加えることによって、より大きなエネルギーを得ようとすることを「初期力の原理」といいます。

 

初期力を使う際重要なことは、反対方向へ力を加えたときに、瞬時に方向を切り替えなければ大きな力を得ることができないということです。

 

初期力をどのようにして使うのか

 

先ほど説明した初期力を利用してどのようにレシーブとドライブのスイングスピードを上げるのかをこれから説明したいと思います。

 

初期力の利用の仕方はとても簡単で、ラケットを振り始めるときに、ラケットを手前に一瞬引くだけです。

 

ラケットはシャトルを打つために体とは反対に前方向に振ります、そのため初期力を使うには逆に体側にラケットを一度引くことによって、本来ラケットを振りたい方向とは逆の力を発生させることができるので初期力を使うことができます。

 

とても簡単な操作ですが、初心者の方にはラケットを構えた位置から手前にラケットを引かずに、そのままラケットを前に振り出す方が多くいます。

 

逆に上級者のドライブやレシーブはほんの一瞬だけラケットを手前に引いてからラケットを前に振り出しているので、機会があったら観察してみてください!

 

おまけ

 

初期力とはラケットを手前引いた力の反動を解放してスイングスピードを上げることでした。

 

この力が働いてる方向に対して反動を利用して、逆方向への力に変える方法はスイングの開始だけでなく終わりにも使うことができます。

 

バドミントンで特にダブルスでは速いラリーが行われるので、ラケットを振り終えた後、すぐにラケットを再び構えなければ次に飛んでくる球に対して反応することができません。

 

つまりどういうことかというと、ラケットを振り終えたとき、ラケットを振った勢いを利用して逆方向にラケットを戻すことによって素早く構え直すことができます。

 

まとめ

 

初期力を利用してドライブやレシーブのスイングスピードを上げることができる。

 

初期力を利用するには力を出したい方向とは逆方向の力を発生させる。

 

同じ原理をインパクト後のフォロースルー(振り終わり)に利用することによって、ラケットを構え直すスピードを上げることができ、速いラリーにも対応することができる。

 

初期力はとても簡単に利用することができるテクニックなのでドライブやレシーブでは意識的に使うようにしましょう!!

 

【中級者】バドミントン レシーブでバックハンドのドライブの打ち方

前回の記事でダブルスでのレシーブの構え方について解説しました。

 

その中で出てきた、スマッシュに対してバックハンドのドライブで返すレシーブ方法について基本的な打ち方を今回は解説したいと思います。

 

基本的な打ち方

 

バックハンドのドライブについて高いロブを上げる打ち方と比較して説明したいと思います。

 

ラケットの初期動作はどちらもラケットを手前に引くことから始まります。

 

そこからシャトルに向かってラケットをだして、ラケットがシャトルに当たった後に、肘を高く上げて打つのがロブ、肘を上げないで打つのがドライブの打ち方となります。

 

バックハンドドライブのストローク

 

ここからはバックハンドのドライブの腕の使い方について詳しく説明していきたいと思います。

 

①グリップはバックハンドで握ります。

 

親指の位置は基本的には八角形のグリップの最も長い辺に位置しますが、人によっては少しずらした位置の方がラケットに親指の力を伝えやすいこともあるので、自分が握りやすく最も力が発揮できる位置を見つけておきましょう。

 

②ラケットの振り始め

 

手首を立てて、肘を軽く曲げ、腕を体の内側に回しながら、ラケットヘッドを自分の体の内側に倒していきます。

 

このときに肘を少し前に出しておくと、腕を今度は体の外側に回転させて体の外側にラケットを振り出すときに、素早く方向を変えることができます。

 

インパクト前後

 

インパクト前後では、親指でグリップを強く押しながらひねり、ラケットの回転力を上げていきます。

 

インパクト前後で手首を立てることで、手首が安定して今までの動作で発生したエネルギーを十分にシャトルに伝えることができます。

 

ただし相手のスマッシュがサイドに飛んできて、打点が自分の体から遠くなってしまった場合は、手首で打点を調節する必要があるので手首を立てることはできません。

 

インパクト時

 

ラケットを前に出すように意識しながら、シャトルを打った流れで前腕を体の外側に回転させる。

 

このようにしてバックハンドによるドライブのストロークは行われます。

 

あくまで基本的な動作なので、コースや相手のスマッシュのスピードなどを予測できる、できないによって細かな変化をストロークに加える必要があるのでそれについても軽く解説したいと思います。

 

レシーブの打点

対戦相手のスマッシュのスピード、コースが予測できる場合

インパクト直前に、右足を半歩前に出すか、重心を前に持っいきながら打つ。

 

前に移動することで、移動した勢いでシャトルの返球スピードを高め、打点が前になることで返球に要する時間が短くなり、相手選手にプレッシャーを与えることができます。

 

対戦相手のスマッシュのスピード、コースが予測できない場合

腰を引いて、打点をやや後方にとる。打点を後ろに下げることでラケットが振りにくくなるので返球スピードが遅くなる。

 

ラケットを動かす初期動作のときにラケットを体側に一度引いてからラケットを振り始めることでラケットスピードを高め、速い返球を行える工夫が必要となる。

 

まとめ

 

スマッシュレシーブにおけるバックハンドドライブの打ち方について①~⑤を参考にして自分なりに練習してみてください。

 

初めの頃はドライブが浮いてしまったり、逆に低すぎてネットに掛けてしまうかもしれませんが、打点や相手のスマッシュの角度を意識することによってドライブの正確性は高まっていくので是非挑戦してみてください!

【中級者】ダブルスでのレシーブの構え方

コート奥から打たれたスマッシュが、対戦相手のレシーブができる位置に到達するまでの時間は、スマッシュの早い選手だと0.3秒前後だといわれています。

 

皆さんはレシーブの際どのように構え、ラケットを握っていますか?

 

ダブルスで速いスマッシュをレシーブするための最適な構え方について今日は解説していきたいと思います。

 

 

構える位置

バドミントンのレシーブはフォア側にシャトルが飛んで来たら、フォアハンドで打つ、バック側に来たらバックハンドで打つのが基本です。

 

そのため両サイドにシャトルが飛んできても対応できるように、利き腕を体の前に出し、ラケットヘッドをスマッシュを打つ相手選手に向ける構え方がある。

 

しかしこの構え方だとシャトルを打つまでのラケット操作の時間が長く、フォアハンドからバックハンドもしくはその逆のグリップの握り替えに、時間を費やしてしまいます。

 

レシーブでは頭で考える時間を極力少なくし、動作をコンパクトにする必要性があります。

 

レシーブの最適な構え方とは

 

ではレシーブはフォアハンドとバックハンドのどちらで構えるのが最適なのかを解説していきます。

 

フォアハンドでレシーブをしようとした際、ボディー付近に来たシャトルをとろうとすると肘が脇腹あたりに当たって窮屈な形となってしまい、レシーブ範囲を制限してしまいます。

 

逆にバックハンドでレシーブをすると肘が解放されるためフォアハンドに比べると2倍以上の範囲を守ることができます。

 

バックハンドは全レシーブ範囲の70%以上をカバーすることができます。

 

実際に体の前でフォアハンドとバックハンドの握りで体の前でラケットを動かしてみると腕の可動域が広がったことを実感できると思います。

 

このことからラケットはバックハンドで握り、バック側にラケットヘッドを傾けて、飛んできたシャトルに対して素早くラケットを操作できるように手首を立てた構えが理想的であるといえます。

 

スマッシュに対して、フォア側に必ず飛んでくると予測できているのならば、フォア側でフォアハンドで打ってもかまいません。

 

しかし、相手がどのコースに打ってくるか予測することができないなら、レシーブ範囲が広いバックハンドでレシーブすることをおすすめします。

 

初めから、相手のスマッシュをバックハンドでレシーブすることを決めていれば、グリップの握り方を考える時間を無くし、コースやタイミングに集中することができます。

 

ダブルスの立ち位置

バックハンドでレシーブすることの欠点はフォア側に来たスマッシュをレシーブすることが難しいことです。

 

そのためダブルスでは自分たちがコートの右奥にロブをあげた際、相手選手がフォア側を狙って打ったスマッシュに対して対応が難しくなるので、通常の立ち位置よりも半歩右にずれて構えることによって、バックハンドでレシーブがしやすくなります。

 

まとめ

ダブルスでのレシーブは基本的に守備範囲の広いバックハンドで構えてレシーブすること。

 

バックハンドでレシーブすることを決めることにより、判断時間を減らしコースの予測やタイミングの調整に集中することができる。

 

バックハンドでのレシーブの弱点を補うために、コート右奥にロブを上げた際は意識的にペアと右に半歩ずれる。

 

正しいレシーブの構え方をすることによって、体を効果的に動かすことができるので守備範囲が広がり、シャトルもしっかりと捉えられるようになるので、今日の解説を読んで正しい構えでレシーブができるように練習または矯正してみてください!!

【中級者】ダブルスでのスマッシュレシーブに対する考え方

ダブルスの試合では、速いスマッシュや鋭いドライブなどの攻撃だけで試合を組み立てることは困難で、必ず守備の場面が必要になってきます。

 

スマッシュレシーブの技術が高ければ、心に余裕が生まれ安心してシャトルをコートの奥に返すことができたり、相手のスマッシュをカウンターして逆に守りから一転して攻撃することができます。

 

スマッシュレシーブはダブルスの試合の勝敗を左右する要因のひとつなので、今回はスマッシュレシーブの返球の考え方を解説したいと思います!

 

スマッシュレシーブの返球方法

どんなに速いスマッシュでも、どんなに厳しいコースに打たれても、あらゆるコースにレシーブすることができればバドミントンはとても楽しくかんたんなスポーツでしょう。

 

しかし、実際のレシーブは相手が打つスマッシュのスピード、角度、コースによってさまざまな制限が加えられる。

 

胸より高い位置にスマッシュが来た場合、肘をたたんで返球しなければいけない、逆にサイドに打たれたスマッシュをレシーブするには腕を伸ばした状態でレシーブしなければいけないので、ラケットを速く振ることができず、ネット前かドライブでの返球が余儀なくされる。

 

スマッシュの返球方法に関して主に、

・ネット前に返球する

・コート奥へと高く返球する

・ドライブで返球する

 

この3つに分類することができる。

 

まず1つめのネット前に返球するレシーブについて、ダブルスにおいて対戦相手がスマッシュを打った場合、相手のペアの選手はコートの中央もしくはそれよりもネット寄りの位置で構えているため、他の返球方法と組み合わせやタイミングが必要であり、対戦相手の前衛に叩かれないために、ネット前で浮かせないようなレシーブ技術が要求される。

 

次に、コート奥へと高いロブでの返球は、次も連続してスマッシュが打たれる可能性が高く、シャトルが飛びすぎて後ろのラインを越えてしまうこともあります。

 

最後に、スマッシュを打った選手に対してドライブで返球するのが、今紹介した中で安全性が高いレシーブ方法です。

 

どんなスマッシュに対しても、スマッシュを打った選手に対してドライブを返すことができるわけではないですが、ドライブで返すことを基本に、前に紹介した、ネット前やコート奥へのロブを織り交ぜながらレシーブすることにより、相手に的を絞らせないようにしながらレシーブすることを心がけましょう。

 

ただし相手選手や自分たちのプレイスタイルによって今紹介した3つのレシーブ方法をどれくらいの割合で使うかはその都度考えなければいけません。

 

とめ

スマッシュレシーブの返球には大きく分けて3つの返球の仕方があり、その中でもドライブで返球することを意識していくことによってミスをする確率を下げながら、自分たちが守りから攻撃に移ることのできる起点にすることができます。

 

スマッシュレシーブには他にも重要な知識や技術がありますが、まずは相手のスマッシュに対して何も考えずただ返球するのではなく、どこに、どのタイミングで、どんなショットを打つのかを意識することでスマッシュレシーブからの戦術の幅が広がり、技術も向上するのでこれからの練習や試合などで試してみてください!